少し前に様々なメディアで取り上げられて話題になった「バイナリーオプション」について説明します。バイナリーオプションとは、簡単に言うと「サイコロを振った時に『前回の目よりも大きいか小さいか』を予想して当てるゲーム」と同じような仕組みになっています。サイコロの場合、前回の目が3なら次の目を4以上と予想するか2以下と予想するか、はたまた前回と同じ3が出ると予想するかという3パターンが考えられますが、バイナリーオプションも同様です。ある時点(取引開始時間)から規定時間後(取引終了時間)に為替がどのように動くのか、ということを予想して当てることを目指します。取引時間内であればいつでも好きなタイミングで開始(ポジションを取る)することができ、その時点から相場が終了時間にどうなるのかを予想することも可能です。

海外バイナリーオプションでは、あらかじめ決められた取引時間の中で行う取引き方法以外にも、自身がポジションを取った時点から規定時間後の相場が上昇しているか下降しているかを予想するものもあります。自分が予想したポジションが的中した場合、国内では規定額のペイアウト、海外では規定倍率によってペイアウトが受けられます。例えば、100円で取ったポジションが的中した場合、国内であれば1000円のペイアウト、海外では200円のペイアウトが受けられると言った感じです。購入するポジションの価値はその時々で変動していて、数十円で購入できることもあれば数百円で購入しなければいけないこともあります。国内バイナリーオプションの場合、ペイアウトは1000円に固定されているため、どれだけ安い金額でポジションを取れるかによってペイアウト倍率が変わります。その後の相場変動が不明であるほど、また可能性が低くなるほど購入時の価値は安くなり、逆の場合ほど高くなっていきます。つまり、当たり安いポジションは実質的な利幅が小さく、当たりづらいポジションほど利幅が大きくなります。