幸せになるために婚活サイトを試してみた

色んなタイプの人に婚活サイトがオススメ

婚活の言葉をサイトで閲覧すると初婚で若い男女向けのことのよう、HPのアップもそうですから、でもよくよく考えてみれば結婚するための活動なら。若い世代はしなくたって見つかるもんだよねと思います。学生時代の同級生や先輩、後輩とか、社会人なら社内以外でもコンパとか合コンも積極的にできるでしょう。

 

インターネットも普及してるし、コミニュケーションサイトでSNSなら婚活でなくたっていろんな出会いはありますから。
そう考えて理論としてみたら婚活が必要なのは、相手探しの時間やチャンスがなくてずっとシングルだったとか、一人でいいと思ったけど40歳越えて気持ちが向いたという人にぴったり。性格的に女性を口説くのが苦手とか奥手で婚活もありですね、実際そういう人が結婚相談所の入会に向いているみたいだし。

 

あとひとつの形態としては再婚考えるタイプ、自分でもそうですが人それぞれで、経験した人にしかわからないというハードルや微妙な心もちが影響しますね。
結婚は望むけれど経済的にも精神的にも、健康面でもよいタイミングがベストと思えば、婚活と考えてからの一年や二年では到達できなかったりします。
子供がいればある程度落着いた成長ぶりになったなと見届けてから、バツイチというからには2回めの結婚は平凡で穏やかでちゃんと心が通じるあったかさが欲しいと思う。

 

ただ単にひとりは寂しいからだけでパートナー探しをして、まずまずでいいなんて結婚すると何処かで閊えてしまいそうかと思います。
婚活、結婚と思いつつサイトや相談所に実際踏み出せるタイミングはあるかどうか、それも肩肘はらず自然体でみたいなよき男性がいてくれたらラッキーです。
数十年前ならば50代で再婚なんて一般的には殆ど見られなかった様に思いますが、価値観や社会全体の様式の変遷でしょうね、50代でも再婚佳きことと感じます。
安定感のある日常のための婚活、これが叶ったら人生のしめくくりは華やかでほかほかと温かい。

 

 

ネガティブにならないで活動すれば成功する

 

私が結婚したのはいわゆる「アラフォー」の年齢になったときです。
それまではお見合いや紹介などいろいろな人に出会いましたが、ご縁がつながることはありませんでした。

 

女性のアラフォーの婚活となると、自分では気にしていなくてもまわりからいろんな「余計なアドバイス」や「冷やかし」が聞こえてきます。
理想が高すぎるのではないか・わがままがすぎるのではないか・独身生活が気楽すぎて結婚する気がないのか・子供はいらないのかなど様々です。

 

結婚したくないわけではありませんでしたが、女性側がアラフォーともなるとお相手候補の男性も家政婦さんが欲しいのか・介護人が欲しいのかというタイプも増えてきます。
中には「あなたはいい仕事をしているのだから、続けてください。」ということを言ってくださる方もいました。
理解のある人だな、と思ったのもつかの間、「妻側に収入があると、夫がガツガツ働かなくてもいいから楽だ」というのが本音だったりしてがっかりします。

 

ついついネガティブになったりしますが、ここは気持ちを切り替えて婚活しないとダメだと思いました。
私は年齢を重ねていることを逆に「別に失敗したってかまわない、どうせ失うものもないし。」という強みに考えました。

 

年代の若いころの婚活は、お話もチャンスもたくさんありますが、そのぶん「失敗したくない」という気持ちが強くありました。
その点、「今からたとえうまくいかなくても年齢的に「過去」があってもおかしくないのだから平気だ」という気楽さがでてきたのです。

 

子供のことも「なるようになる。持てなかったとしても、自分がもっと若い年齢のときに思い切って結婚するという決断をしなかった結果だ」と考えていました。
今自分が独身であることも「自分で選んだ結果である」と考えたら、「どうして私は結婚していないのか」などと悲観的にならずにすみます。
自分で選んだ結果、ということは自分さえ決断すればもっと若い年齢で結婚して子供を持つことはできたのだということです。
その道を選ばなかったこと、イコール自分では納得できなかったことだということになります。

 

自分がそういう気持ちでお見合いなり婚活パーティーなりに参加してみると、不思議と雰囲気に余裕がでてくるようです。
お話する男性側も、「二人で一緒にいる生活を楽しむためにパートナーを探す」という人が増えてきました。

 

もちろん、年齢的に離婚など以前の関係のある人との出会いも多くなります。
私は「これだけは避けよう」と思う項目を決めておきました。
そこは年齢的にも早いうちに決断しなければならない場合もありますから、はっきりしておかないと時間の無駄にもなるからです。

 

年齢を重ねてからの婚活はたとえば子供を持つのかどうかなどあきらめなければならないことも多くあります。
あれもダメ、これもダメなどと考えずに「運命の人をきっと見つける」とあきらめずにいれば、成功するのだと思います。
私はそんな気持ちで婚活して結婚しました。
お勧めサイト:婚活サイト口コミ調査レポ.com

 

 

300万円の年収だけでも男性の婚活は簡単

 

男性の婚活は、比較的簡単なように感じています。とはいっても、正社員の場合です。この場合は、年収が安くても、すんなりと結婚できると考えます。女性は、そこまで、セレブを望んでいないからです。いまどき、それに、セレブは本当に少しの方しかいないのです。
年収が300万円であっても、結婚できるので、自信を持ってください。
まず、自分の趣味、これを持つことです。できれば、小汚い趣味でないほうがいいです。釣りなどは、少しつらいです。暑いし、アウトドアですから。映画鑑賞も月並みすぎます。それにオタク過ぎて付き合いきれません。ひいてしまいます。
お料理が一番いいと思います。女性のほうが必ず、上手だからです。それを、できないながら一生懸命するのがいいでしょう。お話もへりくだって、「お料理のここが難しい」などと、自分が下がることで会話もつながります。
さらには、体もいいにおいがするのがいいですよね。拭き取りシートなどが販売されていますから、それを時々使ったらいいと思います。本当にくさくなくなるのが不思議です。それだけで印象も変わります。簡単なことです。無料なので、図書館で本を借りて、たくさんの分野を読み漁ることもいいでしょう。知識が豊富になります。突き詰めるのではなく、なんとなく知識を感じる程度でいいのです。なんでも熱くなると女性は引いてしまうからです。
平凡でいいのです。女性だって、今は、付けまつげなどで、すさまじい変身をしています。すっぴんは別人だったりするからです。だから、誠実に仕事をしているだけで、こぎれいな安くても新しい服を着ているだけで、結婚することができます。
できれば、車もあればさらにいいです。軽自動車よりも普通車のほうがいいです。軽自動車はかわいいですが、それでも普通車のほうがいいです。デートには洗車もお忘れなく。100円でできますから、何でも、今の時代は安いです。婚活もです。しかし、いいものがあります。

 

 私はとってもぽっちゃりさんな上に奥手で恋愛経験も少なかったので、第一印象で、好きになってもらうのはちょっと無理かなあと思いました。恋愛結婚も無理かなあと思っていました。
 そこでまず、最初にしたのは出会いを
増やそうと思い、結婚相談所に登録しました。
 私が登録した相談所は、長く通っていた病院の事務の方がいいところよって教えて下さったので安心して通いました。相談所の方を全面的に信用して、何でも相談しました。すごくつまらないことや、人が聞いたらびっくりするようなことも、話していたかもしれませんが、細かく丁寧に教えてくれました。若い頃の友達に話したらバカにされたり、噂になっていたかもしれないと思うと、いい相談相手になってくれたと思います。何度もお見合いをセッティングしてもらい、駄目なこともありましたが、少しづつ慣れて、自信をつけました。
 つぎにしたことは、見た目をよく見てもらえるよう、洋服や身なりに気を付けました。髪型も明るく、服はあんまり冒険せずに、でも明るい清潔感あるちょっとおしゃれな服を着ました。痩せるも努力しましたが、こちらは上手くいかずでした。
 三番目が一番結婚の決め手になったのですが、悪口を言うのをやめました。嫌いな人や嫌な人はいますが、いちいち気にせず、どうしても気になったら、こんなこと言われたよー!ぐらいにとどめて、感想など自分の意見はいいませんでした。するとまわりが代わっていってくれてました。これが一番の決め手になり、今の主人と結婚しました。最大の長所といってくれます。

続きを読む≫ 2015/10/27 14:38:27

私は30歳を前にして、色々な出会いの場を探しています、
まだゴールにはたどり着いていませんが、私が良かったと思う婚活方法をご紹介します。

 

○友人からの紹介
友人からの紹介は、最もおすすめする出会い方です。
友人は客観的な意見を教えてくれるので、自分でも気付かなかった自分に合う異性を紹介してくれます。
また、紹介相手の仕事や性格などある程度把握できますし、良い面も悪い面もはっきり教えてもらえるので失敗が少ないです。
特に異性の友人からの紹介はおすすめです。
(同性だと、その人の目にかなわない人をすすめられることがあるため)
街コンや合コンは気軽すぎて相手の本気度も低いため、お金と時間の無駄になることが多いです。
よほどの美人や何か秀でたものを持っていない限り、おすすめしません。

 

○趣味のサークルでの出会い
これもかなり自然に出会える方法です。
社会人になると一気に出会いの場が減り、不自然に出会うことが多くなります。
そこで便利なのが、趣味の社会人サークルです。
本当に好きなことがあればそのサークルに入っても良いですし、よりふれあいの多いものを求めるのであればアウトドアをサークルをおすすめします。
少しスリリングな川下りなどで親睦を深められますし、スポーツが苦手でもBBQだけの参加などがあります。
私は趣味がフットサルなのでフットサルサークルに入っていますが、男性の方が詳しいので自然に質問でき、話す機会を得られます。

 

自然な出会いがなくなった人や、あからさまな婚活が苦手な人は、このような方法にチャレンジしてみてください。

続きを読む≫ 2015/10/27 14:38:27

「この人と結婚するんだろうなぁ。」と思っていた彼とうまくいかなくなり、自分から別れをつげました。
彼氏と別れたという報告を兼ねて友だちとご飯を食べに行きました。
その時に友だちからスマホのアプリを紹介されました。
ペアーズというアプリです。フェイスブックの広告で名前は見たことがあったのですが、どんなものか分からないし気にもとめていませんでした。
しかし実際にアプリを利用している友だちから詳しく話を聞いてなんだか安心したのを覚えています。
ご飯を食べ、たくさん話をして家に帰ってから早速アプリに登録してみました。
「出会いがない…。」なんてぼやいていたのが嘘のようにたくさんの方と出会えることができました。
アプリ上でメールのやりとりをしただけの人、LINEの交換をしてLINEでやりとりをした人、電話をした人、実際にお会いした人。
会うのは本当に緊張して怖かったです。
会ってみると,優しくてお喋りも楽しくていいなぁと思う人とも出会えました。
しかし真面目な出会いを求めていない人もいてセフレ扱いをされた人もいました。
初めて会ったその帰り際に手を繋がれたり、2回目で家にあがってきてそんな雰囲気にされたり・・・。
「あぁやっぱりアプリで出会うなんてこんなもんだよね・・・。」とアプリをやめようとした頃に1人の人とやり取りが始まりました。
「これで最後にしよう。」と彼と会うことにしました。
彼は1回目は1時間だけ喫茶店でお喋りをしてさよならしました。
2回目は夜ごはん。この日もご飯が終わると家の近くまで送ってくれて彼は帰っていきました。

ご飯に行ったり映画に行ったり、なんどか会いましたが彼は全く手は出してきませんでした。
「この人のこと信じても大丈夫かな。」なんて思い始めました。
しっかり告白もしてくれて今は私の大切な人です。
たくさんの出会った人の中から自分でしっかり見極められるかが必要だと思います。

続きを読む≫ 2015/10/27 14:38:27

オーネットは今たぶん、一番規模の大きい結婚相談所と言えます。料金自体はそう簡単に払うことのできない金額を提示してきますが、私のタイプ、年齢や趣味、性格や身長など、本当に細かいところまで、要望を聞いてくれて、その条件にあった女性を登録している中から選定してくれ、出会いの場を設けてくれます。最初の出会いの場はオーネットが指定した会場となり、オーネットのスタッフが仲人を行ってくれます。ある程度、お互いの距離が縮まってくると、後は二人きりの空間を作ってくれて、その後のフォローやお互いの感触や意見などもパイク役になってくれます。成立をしなくてもその都度、新しい人を紹介してくれて、価格は高いですが、見合ったサービスを行ってくれました。私は合計で5人ほど、自分の条件に合った女性を紹介してくれましたが、それでも最初はうまく話がいき、付き合ったとしても、途中でお互いのそりが合わなくなり、破談と言う表現は行きすぎですが、結婚までは至りませんでした。かなりの高額な料金を取られてしまいましたが、それでも私はあまり不満などは残しておりません。やはりオーネットのスタッフが仕事というより、友人みたいに本当に真剣に親身になって、一生懸命私の要望に応えようと努力をしてくれました。私自身の結果は実りませんでしたが、オートネット自体は本当に、私のお気に入りの婚活ツールとなりました。今は仕事が忙しくなり、婚活はできませんが、時間が空き、お金が溜まったときに、結婚願望が芽生えたら、またオーネットを活用してみようと思います。

続きを読む≫ 2015/10/27 14:38:27